ウォーターサーバーで飲むことができる水とは

健康志向の高まりによって、家庭にウォーターサーバーを置いているところが増えてきています。自宅にもあるという方は少なくないはずですが、運ばれてくる水がどういったものなのかについて詳しく把握しているという方は意外といないのではないでしょうか。実は、ウォーターサーバーで飲む水には、大きく分けて天然水とRO水の2種類があるのです。このうち、天然水というのは、文字通り自然に採取される水をろ過したもので、日本の場合はその多くが軟水となっています。一方、RO水は、天然水などに後からミネラルなどの成分を追加したものですので、天然水と比べて特定の栄養素を積極的に採取したいと考えている方が毎日飲むのに適しているのです。

ウォーターサーバーの水を飲む意義とは

このように、一言でウォーターサーバーといっても、その中に入っている水の種類は実に様々です。天然水のなかにも、富士山の地下水もあれば、南アルプスで採取される清水などもあり、それぞれに含有されている成分も異なりますので、できれば飲み比べて見て自分の舌に最も合うものを選びたいところです。もっとも、日本では水道水も口にして害があるものではないため、わざわざお金を払ってウォーターサーバーの水を飲む意味はあるのでしょうか。この答えは人によって異なるはずですが、水道水は害がないといってもどうしても塩素の臭みがあるため、少なくともそれが気になる人にとっては、ウォーターサーバーの美味しい水はお金を払う価値があると言えるでしょう。

宅配水には様々な種類があり、床置き型や卓上型などのサイズがあります。水の種類も豊富で、天然水や水道水、RO水といった水を選べます。